ep_mark

【ニューストピックス〜6月23日】家賃カード払い 保証人不要に/ビザデビット コンビニ好相性/ほか

クレディセゾンは7月1日より、新たに家賃保証事業に参入し「セゾンの家賃保証RentQuick」の取り扱いを開始する。「セゾンの家賃保証Rent Quick」は、同社が入居者に代わって、賃貸借契約にかかる賃料等を賃貸人に立替払いを行う家賃保証サービス。入居者は同サービスを利用することで、連帯保証人を立てる必要がなく、賃貸借契約をスムーズに進められる。[2017-06-23]

ep_mark

【ニューストピックス〜6月22日】イオンIBM Bチェーン実験/クラウドでPCI準拠を支援/ほか

イオンフィナンシャルサービスと日本アイ・ビー・エムは7月3日より、日本・アジア各国の利用者および提携加盟店向けの金融プラットフォーム構築に向け、ブロックチェーン技術の適用可能性に関する実証実験を開始する。[2017−06−22]

NECの利用者ID登録システムの概要(出典:NECの報道発表資料より)

【ニューストピックス〜6月21日】全国初のマイナンバー職員証/ほか

NECの「利用者ID登録システム」が、徳島県が都道府県で初めて行うマイナンバーカードの職員証利用に採用され、本年6月より稼動を開始した。同システムは、マイナンバーカードに追加搭載した利用者識別用IDと職員情報を紐付け、各種システムの本人認証時におけるマイナンバーカードの利用を可能にする。[2017-06-21]

スクリーンショット 2017-06-20 19.07.22

【ニューストピックス〜6月20日】日銀がモバイル決済の調査/ほか

日本銀行の決済機構局は6月20日、「モバイル決済の現状と課題」と題した調査レポートを発表した。モバイル決済には、アプリなどを通じて遠隔での支払や送金を行うものや、商店などの店頭で携帯電話やスマートフォンを読み取り機にかざして決済をするものなど、さまざまな形態のものが含まれているが、同レポートでは店頭でのモバイル決済に焦点を当てている。[2017-06-20]

ep_mark

【ニューストピックス〜6月19日】訪日外国人のクレカ利用分析/楽天Edy 入金連携27行に/ラインペイ 入金連携31行に/ほか

NTT西日本と三井住友カードは6月19日、訪日外国人の広島に対する「認知向上・誘客促進」による地域経済への貢献を目的として協働することを発表した。三井住友カードが運営する訪日外国人向けにクレジット加盟店情報や観光情報等を発信するWEBメディア「JOURNEY of JAPAN」への広島特集ページに、NTT西日本が手がける無料公衆無線LANアクセスサービス「Hiroshima Free Wi-Fi」「Hiroshima Free Wi-Fi Lite」利用可能店舗情報を掲載し、店舗でのクレジットカード利用促進にどのような効果が出るかを統計分析する。[2017−06−19]

(出典:LINEの報道発表資料より)

【ニューストピックス〜6月16日】トヨタとライン、AIで協業/マイナポータルとライン連携/ほか

LINEは6月15日、同社が開発を進めるクラウドAIプラットフォーム「Clova」と、トヨタをはじめとする各社が推進する車載機器とスマートフォンアプリ、およびタブレットアプリとの連携規格Smart Device Link(以下「SDL」)を活用した協業の可能性を検討すべく、協業基本合意書を締結したと発表した。「Clova」はLINEが開発したクラウドAIプラットフォーム。[2017-06-16]

ソニー製多機能カード仕様(三井住友カード、凸版印刷、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ、ビザ・ワールドワイド・ジャパンの報道発表資料より)

【ニューストピックス〜6月15日】SMBCデビット支える4社/ オリガミがローソンと提携/ほか

三井住友カード、凸版印刷、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(以下、ソニー)、ビザ・ワールドワイド・ジャパンは共同し、各社が提供するサービスを活用して、三井住友カードが三井住友銀行と共同発行する「SMBCデビット」を7月10日よりリニューアルする。接触EMV、非接触EMV(Type A)、FeliCa機能を1枚のICチップに集約したソニー製のデュアル方式ICチップを世界で初めて搭載する。[2017-06-15]

ビットコインの秘密鍵をFeliCaの鍵あり領域(FeliCaポケット領域)に保持

【ニューストピックス~6月14日】フェリカでビットコイン支払/フィンテックと国際標準化/ほか

フェリカポケットマーケティングは6月14日、仮想通貨とFeliCa技術を連携させ、仮想通貨においても「かざす」だけで決済を可能とする手法を開発したと発表した。ビットコインの秘密鍵をFeliCaの鍵あり領域(FeliCaポケット領域)に保持し、ハードウェアワレットとして利用すると共に、決済媒体としても利用する手法を採用しシステムの開発を行ったという。[2017-06-14]

リボンチョッパー セボン プラス(トッパン・フォームズ、ならびに、ジェイ エスキューブの報道発表資料より)

【ニューストピックス~6月13日】カードとリボン専用の細断機/ほか

トッパン・フォームズおよびグループ会社のジェイエスキューブは、カードプリンターやカードティッパーなどで使用済みとなった熱転写リボンと廃棄予定のプラスチックカードの細断が1台で可能なシュレッダー「Ribbon Chopper Sebon PLUS/リボンチョッパー セボン プラス」の販売を始める。カード発行業務を行う金融機関や自治体、計算センター、大学、病院などのさまざまな業界に提供し、2017年度1億円の売り上げを見込む。[2017-06-13]

アリペイの導入イメージ(出典:ジャックスの報道発表資料より)

【ニューストピックス〜6月12日】ジャックス アリペイを東北に/ほか

ジャックスは仙台市青葉区に本社を置く老舗百貨店の藤崎と提携し、6月12日より中国の電子決済サービス大手Alipayが提供する「アリペイ」を導入した。ジャックスは藤崎・本店にアリペイ決済を導入し、順次、本店以外にも導入店舗を拡大する。今後、ジャックスはアリペイ決済を全国65拠点の営業店網を活用し、70万店を超える提携カードやショッピングクレジットなどの既存加盟店に対し導入を図るという。[2017-06-12]

寄付電気のイメージ画像(出典:イーコンテクストの報道発表資料より)

【ニューストピックス〜6月9日】ネコ電気 寄付はカード決済で/ほか

イーコンテクストは、アイキューフォーメーションが提供する新電力サービス「寄付電気 for 国境なき医師団」および「ネコ電気」向けに、2017年6月1日よりクレジットカード決済サービスの提供を始めた。イーコンテクストは、電力・都市ガス自由化により新規参入した事業者への決済ソリューションの提供に注力し、電気・ガス等公共料金支払いのキャッシュレス化を推進するとともに、公金領域における展開を強化するという。[2017-06-09]

「コジマ×ビックカメラ カード」の券面デザイン(出典:株式会社コジマ イオンフィナンシャルサービス株式会社 株式会社イオン銀行の報道発表資料より)

【ニュ−ストピックス〜6月8日】イオン、コジマと提携クレカ/ほか

コジマおよびイオンフィナンシャルサービスならびにイオン銀行は2017年6月10日より、提携クレジットカード「コジマ×ビックカメラカード」の取扱を始める。提携カードはコジマポイントカード、クレジットカード、電子マネー「WAON」の3つの機能を1枚のカードに搭載する。コジマ全店で利用すると、現金と同率のコジマポイントが貯まるほか、イオン系クレジットカードの「ときめきポイント」(税込み200円ごとに1ポイント)が貯まる。[2017-06-08]

可搬式セキュリティゲート(出典:大日本印刷の報道発表資料より)

【ニューストピックス〜6月7日】ICカード技術 IoT製品に/ほか

大日本印刷は、ICカード技術を応用した情報セキュリティ機能とIoTの利便性をともに高めるオフィス機器の開発を始める。IoT環境にセキュリティ機能を付与するDNPのサービス『IoSTTM(Internet of Secure Things)プラットフォーム』をオフィス機器に組み込むことで、インターネットにつながるオフィス機器をサイバー攻撃などから守る機能を高める。[2017-06-07]

銀魂エポスカード(出典:丸井グループの報道発表資料より)

【ニューストピックス〜6月6日】エポスカード デザイン豊富に/ほか

エポスカードは6月9日から、新しい提携カード「銀魂エポスカード」の発行を始める。今回のコラボレーションカードではアニメ「銀魂」の登場人物などから、主人公の「坂田銀時」、人気キャラクターの「定春&エリザベス」、各キャラクターのモチーフを絵柄にした「銀魂モノグラム」の3種類のデザインを用意。通常のエポスカードと同様に、カードの利用に応じて「エポスポイント」が貯まるほか、飲食店やテーマパークをはじめとする全国7,000以上の優待施設で各種優待サービスを受けられる。[2017-06-06]

Amazon.co.jpでのドコモ ケータイ払い利用イメージ(出典:NTTドコモの報道発表資料より)

【ニューストピックス〜6月5日】アマゾンがキャリア決済対応/交通系IC 月間1.5億件に/ほか

Amazon.co.jpは、6月5日からAmazonでの買い物の支払い方法として、NTTドコモもしくはKDDIが提供する携帯決済サービスを利用可能になったと発表した。携帯決済サービスは、NTTドコモが「ドコモ ケータイ払い」、KDDIが「auかんたん決済」の名称で提供している。[2017-06-05]