Author 多田羅 政和 / Masakazu Tatara

多田羅 政和 / Masakazu Tatara

電子決済マガジン編集長。新しい電子決済サービスが登場すると自分で試してみたくなるタイプ。日々の支払いではできるだけ現金を使わないように心掛けています。

コラム
[02/01] 日経連載:「欧州視察報告(2) スマートカードからスマートフォンへ~開催25年目を迎えたCARTES展示会」公開しました

日本経済新聞社『IC CARD WORLD』ウェブサイトのリレーコラム連載(電子決済・ICカード国際情報局)を更新しました。第12回目のテーマは、昨年12月に実施した欧州視察からのレポート第2弾として、「スマートカードからスマートフォンへ~開催25年目を迎えたCARTES展示会」をお送りします。

コラム
[01/18] 日経連載:「欧州視察報告(1) フランス・ニースの『Cityzi』プロジェクトを訪ねて」公開しました

日本経済新聞社『IC CARD WORLD』ウェブサイトのリレーコラム連載(電子決済・ICカード国際情報局)を更新しました。第11回目のテーマは、昨年12月に実施した欧州視察より、「フランス・ニースの『Cityzi』プロジェクトを訪ねて」です。

関連書籍
[01/07]【書籍紹介】「ソニーが技術開発に成功し、ビジネスで失敗した理由」

刺激的なサブタイトルを目にし、思わず手に取ってしまった業界人も多いのではないか。本書には、これまであまり表立って語られてこなかった、FeliCaビジネスをめぐっての駆け引きや人間模様が赤裸々に描かれており、それだけで一読の価値のある内容となっている。

関連書籍
[6/29] 国内初の「ポイントサービス指南書」が登場

ポイントサービス提供に関する「国内初の指南書」を目指して出版されたのが本書、「成功するポイントサービス」(WAVE出版)である。
著者の岡田祐子さんは、大日本印刷の社内ベンチャー制度を利用して2003年にエムズコミュニケイト社を立ち上げ、「ポイントサービスコンサルティング事業」に取り組んでいる。本書はそんな岡田さんが、企業がポイントサービスで成功するための秘訣や、タイプ別・消費者視点からのポイント評価などについて記した意欲的な一冊である。

1 12 13 14 15