電子決済研究所

電子決済研究所

このユーザーではテンプレートの編集はできません。

ホームページ: http://epayments.jp


電子決済研究所 による投稿

(出典:三井住友フィナンシャルグループならびにポラリファイの報道発表資料より)

【ニューストピックス~7月26日】ID•PW不要の銀行アプリ/駐車場でETC決済実験/ほか

三井住友フィナンシャルグループは、NTTデータ、Daonと共同で、当局認可のもと改正銀行法上の銀行業高度化等会社としてポラリファイ(以下「Polarify」)を設立し、7月26日より複数の生体認証要素を活用した本人認証プラットフォーム事業を開始すると発表した。Polarifyは、「指」「顔」「声」などの生体情報を利用シーンに合わせて自由に選択できる本人認証アプリを通じて、利用者と多くの事業者をシームレスに繋げる認証連携を提供する。[2017-07-26]

(出典:日本マクドナルドと三井住友カードの報道発表資料より)

【ニューストピックス~7月25日】マック ナナコとスイカに対応/邦銀初 エアビーとみずほ提携/ほか

日本マクドナルドと三井住友カードは、全国のマクドナルド店舗 (約2,900店舗)において、8月1日より、電子マネー「nanaco」、「Suica」等の交通系ICカードによる決済サービスを開始すると発表した。これまでマクドナルド店舗では、「iD」「WAON」「楽天Edy」の決済サービスを導入してきたが、今回のサービス開始により、店舗利用者の決済手段の選択肢が広がり、利便性がさらに向上する。[2017-07-25]

「freee カード」の券面デザイン(出典:freeeの報道発表資料より)

【ニューストピックス~7月24日】クラウド会計フリーのクレカ/NTTコムもeSIM実験中/ほか

ライフカードは、クラウド会計ソフト 「freee」を提供する freeeと提携し、事業主向けの提携クレジットカード「freee カード」の募集を 7 月 24日より開始する。freee カードは年会費が無料で、最大で 50 枚まで従業員カードの発行に対応しており、従業員カード 1 枚ごとに限度額の設定が可能。さらにはクラウド会計ソフト「freee」と一緒に活用することで、バックオフィス業務の効率化が図れる。[2017-07-24]

合弁会社SBI Cosmoney Co., Ltd.の概要(予定) (SBI FinTech Solutionsの報道発表資料より)

【ニューストピックス~7月21日】SBI 韓国で国際送金事業/ほか

SBI FinTech Solutionsは、韓国でブロックチェーンやビットコイン領域の事業を展開するコインプラグ社と共同で、韓国と世界各国間の国際送金を事業対象とした合弁会社「SBI Cosmoney Co., Ltd.」を設立することを発表した。韓国では7月18日から改正外国為替取引法が施行され、国際送金における規制が緩和された。SBI FinTech Solutionsは本法律の施行を契機として、子会社のSBIレミットの国際送金事業におけるノウハウとコインプラグ社が有する仮想通貨・ブロックチェーン等フィンテック関連の技術を活かして共同で事業展開を行い、同国での国際送金事業に新規参入することでさらなる成長を目指す。[2017-07-21]

▲新POSシステムの店頭設置イメージ(ハンズ ビー エトモ中央林間店)
出典:東急ハンズ、ハンズラボ、ベリトランスの報道発表資料より

【ニューストピックス~7月20日】EMV 非保持対応の新POS/ラインペイが外貨両替に対応/ほか

デジタルガレージの子会社であるベリトランスと、東急ハンズの子会社であるハンズラボは7月20日、東急ハンズの一部店舗で従来運用しているiPad POSシステムにICクレジットカード決済機能を追加し、さらにクレジットカード情報については、東急ハンズのシステムを通過も保持もせずに精算が完了するシステムを開発したと発表した。これにより、「クレジットカード情報の非保持化」を実現した。[2017-07-20]

▲「銀聯云闪付」の単語を全面に打ち出した銀聯ブース

【展示会レポート】Mobile World Congress上海 2017 見聞録(1)いよいよ動いた中国銀聯、ついにQRコード決済市場へ参戦

モバイル業界の伝統ある国際見本市、Mobile World Congress(モバイルワールドコングレス)の名前を冠する「MWC上海 2017」が、今年は6月28日(水)〜7月1日(土)の4日間に渡って中国・上海で開催された。近年、電子決済やICカード技術の新しいトレンドは、スマートフォンを皮切りに生活者と非常に近しいポジションにあるモバイルや、家電業界から登場してくることも珍しくない。[2017-07-20]

マイドット技術の説明動画キャプチャ(出典:NECの報道発表資料より)

【ニューストピックス~7月19日】市販のペンでモノにID付与/ほか

NECは、様々なモノに市販のペンで”点”(ドット)を書き、カメラで撮影することで、個々のドットを個別に識別できるマイドット(識別ドット)技術を開発した。モノに手書きで点(ドット)を書いて画像を撮るだけで、取引対象であるモノと決済等の取引データとの紐付け・証明を、より簡便かつ即座に可能にするという。[2017-07-19]

『PayB』での支払い方法(出典:みずほ銀行およびビリングシステムの報道発表資料より)

【ニューストピックス~7月18日】ゆうちょ みずほ ペイビー開始/ほか

ゆうちょ銀行と、ビリングシステムは、本日7月18日から、ビリングシステムが提供するスマートフォン決済アプリ『PayB』でのゆうちょ口座による決済を開始したことを発表した。『PayB』アプリをダウンロード後、会員登録および口座設定を行うことで、コンビニ等払込票のバーコードを読み取り、PayBに登録したゆうちょ口座(キャッシュカード利用の総合口座)からサービスが利用できる。また、みずほ銀行も本日より、PayBの取り扱い開始を発表。PayBに登録したみずほ銀行の預金口座からサービスの利用が可能となった。[2017-07-18]

▲VisaデビットのCMキャラクターを3年間務めているタレントの上戸 彩さん。浴衣の着用は、撮影では30代になって初めてとのこと

【写真レポート】Visaデビット発行500万枚記念イベントに浴衣姿の上戸彩さん、ペイウェーブ対応環境の拡充にも意欲

ビザ・ワールドワイド・ジャパン(以下、ビザ)は7月18日、Visaデビット発行500万枚記念イベントを東京都内で開催した。会場には、VisaデビットのテレビCMでもおなじみのタレント、上戸彩さんと、日本国内でVisaデビットカードを発行する15社の銀行担当者が登壇し、500万枚達成の喜びを分かち合った。Visaデビットは2006年にスルガ銀行が発行したのを皮切りに、その後も発行銀行が増え、今年4月末までに500万枚を突破するに至ったという。[2017-07-18]

(出典:富士通、および、イオンフィナンシャルサービスの報道発表資料より)

【ニューストピックス~7月14日】情報銀行 対価に仮想通貨還元/ほか

富士通とイオンフィナンシャルサービスは、富士通のパーソナルデータストア「Personium Service」をクラウドサービス基盤として利用し、情報銀行の実証実験を開始する。情報銀行はパーソナルデータを提供者自身が管理・運用しながら、その提供するデータ量などに応じて対価を得る仕組み。富士通が銀行の運営主体となり、自社の従業員を対象に2017年8月中旬から約2カ月間、パーソナルデータの収集や分析を行うオリコムなど9社が協力して実施する。[2017-07-14]

タイムズカープラスの利用方法(出典:タイムズ24の報道発表資料より)

【ニューストピックス~7月13日】仙台交通局ICでカーシェア/ミニオンズ券面のクレカ登場/ほか

タイムズ24は8月1日より、仙台市交通局が発行するICカード乗車券「icsca」で、仙台市内に配備しているカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の全車両を利用できるようにする。同社は、2011年に仙台市にカーシェアリングステーションを開設し、2015年12月からは、仙台市地下鉄東西線の荒井駅で「icscaレール&カーシェア」を開始。荒井駅前に設置しているタイムズカープラスの車両をicscaで施解錠できるサービスを提供してきた。今回の取り組みではその対象を大幅に拡大し、仙台市内に設置されているすべてのタイムズカープラスの車両をicscaで施解錠できるようにする。[2017-07-13]

(出典:報道発表資料より)

【ニューストピックス~7月12日】NEC 印の非現金化を後押し/ほか

NECは、インドのグジャラート州政府とアーメダバード自治体によって設立されたアーメダバードスマートシティ開発公社から、IoTを活用した安全で正確なバスの運行を実現する「高度交通運用管理システム」を受注した。同社は、上記システムと連携する自動改札機なども提供し、オペレーションセンターにおける運用・保守までトータルな支援を行う。[2017-07-12]

アリペイ導入イメージ(出典:ジャックスの報道発表資料より)

【ニューストピックス~7月11日】中国QR決済 信販2社が取次/ほか

ジャックスは、中部国際空港(以下「セントレア」)と提携し、7月11日より中国の電子決済サービス大手Alipayが提供する「支付宝(以下「アリペイ」)」決済を導入することを発表した。また、新生銀行グループのアプラスも、セントレアと、中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」の利用契約を締結し、7月11日よりセントレアが運営する免税店(酒タバコ店、セントレアプラザ店)などでWeChat Payの取り扱いを始めた。[2017-07-11]

ep_mark

【ニューストピックス~7月10日】楽天カード オラクル新基幹系/ほか

楽天カードと日本オラクルは、楽天カードのクレジットカード業務の基幹システムを全面刷新し本格稼動を開始したことを発表した。国内の金融業界において初めて、自社管理のデータセンター内にOracle Cloud環境を配置するサービス「Oracle Cloud at Customer(オラクルクラウドアットカスタマー)」を採用。これにより、特定の処理を行う際の一時的な負荷増大時にも柔軟な対応が可能となり、急増する楽天カードの会員数と取引件数に対する処理能力を強化し、会員および加盟店に、長期的に安定した取引環境の提供が可能になる。[2017-07-10]

新オフィスの役割(出典:NTTデータの報道発表資料より)

【ニューストピックス~7月7日】地銀のフィンテック拠点開設/Bチェーン活用に効果と課題/ほか

ベンダーを特定しない標準バンキング・アプリケーション「BeSTA(ベスタ)」を提供するNTTデータは、昨年10月にNTTデータ地銀共同センターに参加する地方銀行と設立したBeSTA FinTech Labの活動拠点となる新たなオフィスを東京・大手町に7月7日にオープンしたと発表した。BeSTAを利用している地方銀行やベンチャー企業等が自由に出入りすることのできるオープンな場とし、BeSTA FinTech Labの新規サービス創発の仕組みを活用してオープンイノベーションの取り組みをさらに加速させる狙い。