Browsing: 書籍

関連書籍
<冬休み特別企画>【出版社評 / 捕物出版】キャッシュレスが進むと捕物帳の中のヒーローは悲鳴?

読者の皆さんは、時代小説の中に「捕物帳(とりものちょう)」とか「捕物小説(とりものしょうせつ)」といったジャンルがあることをご存じだろうか? 現代で言うところの探偵モノ、推理小説のようなものなのだが、最近はめっきり読む人が減ってしまって、絶版でもう読めないなんて作品も多数あるらしい。この窮状を何とかせねば! と昨年、2018年に立ち上がったのが捕物出版さんだ。

関連書籍
【書評】特集『新・お金の、答え。』「BRUTUS(ブルータス)」2018年6/1号No.870(マガジンハウス、2018年5月15日発売)

巷で話題のキャッシュレスブームにお金の匂いを嗅ぎつけたか、はたまた佐藤航陽さんの「お金2.0」重版出来にあやかったか、このところお金を特集テーマにする雑誌をちょくちょく見掛ける。そんな中でもこのブルータスは決定版といえそうだ。

コラム
【ニュースリリース】「2020年の国内電子決済市場は87兆円を突破」を発表
By

カードビジネス関連の専門誌『カード・ウェーブ」を発行する㈱カード・ウェーブと、電子決済サービスに関する調査・研究・コンサルティングを専門に手がける㈱電子決済研究所および山本国際コンサルタンツはこのほど、2017年から2020年(および2025年)までの国内における電子決済サービス(クレジットカード決済・デビットカード決済・プリペイドカード決済)の市場規模推移に関する予測を発表しました。[2017-08-21]

関連書籍
【書評】FinTech法務ガイド(商事法務)~フィンテック時代の素朴な疑問に答えてくれる専門書

例えば「『前払い式』の支払い」と表現されるプリペイドカード。ひとたびカード残高として入金(チャージ)をしてしまうと、再び現金に戻そうとしても換金できないようになっている(乗車券などの除外品目や例外ケースを除く)。これはプリペイドカードが資金決済法の定める「前払式支払手段」に位置付けられ、法律で換金が認められていないためだ。[2017-05-26]

関連書籍
[05/10] 【関連書籍】カード決済業務のすべて~ペイメントサービスの仕組みとルール~ 発売のお知らせ
By

一般社団法人 金融財政事情研究会より、このほど『カード決済業務のすべて~ペイメントサービスの仕組みとルール~』が発売になりましたのでご紹介いたします。本レポートの編・著者は当社取締役でもいらっしゃる山本正行氏です。

関連書籍
[04/03] 【関連レポート】世界のモバイルマネー市場の現状と将来展望 ~モバイルによる送金・リアル決済・eコマースの急成長~ 発売のお知らせ
By

株式会社シード・プランニングより『世界のモバイルマネー市場の現状と将来展望 -モバイルによる送金・リアル決済・eコマースの急成長-』が発売になりましたのでお知らせいたします。本レポートの編者は山本正行氏(山本国際コンサルタンツ)、そして当社も編集協力の立場で参画しています。

1 2