Browsing: 非接触

コラム
【知ってると誰かに話したくなるトリビア】接触しないから「コンタクトレス」なのではありません。

新型コロナウイルスの感染を防止しながら、日常生活を取り戻していくための「新しい生活様式(ニューノーマル)」の中で「非接触」という言葉に注目が集まっている。非接触は英語では「コンタクトレス」と発声されるが、そもそもの言葉の由来となったと思われる「非接触型ICカード」の成り立ちをたどってみると、「接触(コンタクト)しない(レス)」=「非接触(コンタクトレス)」といった単純なものではないことがわかってくる。鍵を握るのは、「コンタクト」とは何か? という設問である。

最新News (出典:楽天の報道発表資料より)
【ニューストピックス〜5月1日】楽天もテイクアウト支援参入/ほか
By

楽天は5月1日、レストランやカフェなどの飲食店において、商品を事前注文・決済することが可能になるテイクアウト支援サービス「楽天リアルタイムテイクアウト」を、同7日より提供すると発表した。利用者はスマートフォンやPCサイト上から、近隣の飲食店におけるテイクアウト可能な商品を選び、楽天IDを利用して事前注文および決済を完了することで、実店舗で商品を待ち時間なくリアルタイムに受け取ることが可能になる。同1日より、全国の事業者からサービス導入の申込受付を開始するが、サービス開始時は、先行導入店舗として東京都の渋谷駅および五反田駅の周辺地域にある飲食店187店舗から利用可能となり、全国の飲食店に順次拡大する予定。なお、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、10月31日まで、初期費用および月額利用料などの利用料(クレジットカード決済手数料などを除く)を無料で提供する

最新News (出典:PayPayの報道発表資料より)
【ニューストピックス〜4月30日】ペイペイもモバイルオーダー/ほか
By

PayPayは4月30日、スマホ決済サービス「PayPay」のアプリ内で注文を事前に完了し、店舗で商品を受け取ることができる事前注文サービス「PayPayピックアップ」の提供開始に向け、5月1日からPayPay加盟店を対象に、申し込みの受け付けを開始すると発表した。同サービスは、店頭持ち帰り商品を提供する飲食店と、その飲食店のテイクアウトを利用するユーザーを対象としたもので、自宅や学校、オフィスなどどこからでも、「PayPay」を通じて注文を済ませ、お店で待たずに商品を受け取れるモバイルオーダーサービス。提供開始は2020年6月以降の予定としている。

最新News (出典:LINEの報道発表資料より)
【ニューストピックス〜4月28日】ラインUSEN 持ち帰り協業/ほか
By

LINEは4月28日、検索・注文・事前決済までLINE1つで完結できるテイクアウトサービス「LINEポケオ」において、USENが提供する飲食店向けタブレットPOSレジ「UレジFOOD」とシステム連携を開始し、5月18日からの提供を開始すると発表した。「LINEポケオ」と「UレジFOOD」がシステム連携する事により、これまで「UレジFOOD」を活用していた飲食店は、新たなタブレット等を用意する必要がなく、普段活用しているレジシステムでそのまま、テイクアウトサービスを始める事ができる。イートイン、テイクアウトの売上管理等もタブレット1つで管理できるので、オペレーションコスト削減に繋がる。

最新News
【ニューストピックス〜4月27日】非接触受取 実現するロッカー/商店街でもモバイルオーダー
By

Showcase Gigは4月27日、ユーボとの共同開発により、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における飲食業界支援の取組みとして、店頭における完全非接触型注文パッケージ「O:der Locker(オーダー・ロッカー)」の開発に加え、飲食店向け新型コロナウイルス感染症対策情報における情報発信の強化および、相談窓口を新設することを発表した。同社は2013年から日本で初めて飲食店向けモバイルオーダーサービスの提供を開始。新たに提供する「O:der Locker」は、ショーケース・ギグのO:derプラットフォームと連携されたモバイルオーダー専用のスマートロッカー。飲食店の店頭に設置することで、モバイルオーダーで事前注文決済された商品の受け取りにおいて、完全対人非接触での店舗オペレーションを実現するという。また、ロッカー内の照明には殺菌効果のある紫外線(UV)を使用した。