【速報】楽天スマートペイが楽天Edyほか海外の非接触IC決済にも対応する新端末を2017年に提供へ

 

 

楽天カードは、カード加盟店向けに提供しているモバイルPOSサービス「楽天スマートペイ」で、楽天Edyのほか海外の非接触IC決済にも対応する新端末(写真①)を2017年に提供開始する。9月28日に楽天が東京都内で開催した「楽天FinTech事業戦略説明会」で、楽天カードの社長を兼務する楽天・代表取締役副会長執行役員の穂坂雅之氏(写真②)が明らかにした。

新端末はすでに開発が完了しており、来年、2017年より楽天スマートペイの加盟店に向けて提供していく予定。提供条件や販売価格などについては発表しなかった。穂坂氏は新端末投入の理由として、「グループ共通ポイントである『Rポイント』と、電子マネー『楽天Edy』、それらとスマートペイをつなぎたかった。また、従来の端末ですでに接触IC、磁気に対応しており、これに非接触IC対応端末を提供することで、すべてが使えるようになる」と説明した。

当日の発表資料中に、楽天Edy以外の電子マネーへの対応については明記がなかったが、「(iPhone7で提供される)Apple Payや、海外の『タイプA/B』と呼ばれる日本と別方式の決済について、インバウンド(訪日外国人)の取り込みをどうするのか?」と問われた穂坂氏が、「嬉しい質問だ。その準備はできています」と満面の笑顔で回答した。

 

写真① 楽天Edyに対応する新端末。従来のスマートペイ端末(接触ICと磁気に対応)と併用する

写真① 楽天Edyに対応する新端末。従来のスマートペイ端末(接触ICと磁気に対応)と併用する

写真② 楽天・代表取締役副会長執行役員の穂坂雅之氏。左手が楽天スマートペイの新端末、右手が既存の端末

写真② 楽天・代表取締役副会長執行役員の穂坂雅之氏。左手が楽天スマートペイの新端末、右手が既存の端末

写真③ 「楽天カード」と「楽天スマートペイ」で、日本のクレジットカード市場制覇を目指す

写真③ 「楽天カード」と「楽天スマートペイ」で、日本のクレジットカード市場制覇を目指す

[2016-09-28]

 

About Author

Masakazu Tatara

電子決済マガジン編集長。新しい電子決済サービスが登場すると自分で試してみたくなるタイプ。日々の支払いではできるだけ現金を使わないように心掛けています。

Comments are closed.