【レポート】2018年は生体認証の多様化、非接触EMV決済が本格到来する年に 〜 ジェムアルト

ICカードを供給する企業として世界最大のマーケットシェアを誇る、オランダのGemalto(ジェムアルト)社。12月中旬、その日本法人であるジェムアルト株式会社が2018年以降のマーケット別戦略やソリューションを報道陣に公開した。

■指紋認証機能を内蔵した非接触IC決済カードも
バンキング&ペイメント分野では、2018年以降、サービスのデジタル化がさらに浸透すると見る。技術面では生体認証の多様化(写真①)が進み、FIDO仕様に準拠したさまざまな認証方式や、行動認証などに注目している。
また、決済方式では、ISO/IEC 14443 TypeA/B仕様をベースとする非接触EMV決済(EMVコンタクトレス)が本格到来し、今後、ラグビーワールドカップ(2019年)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(2020年)に向けた準備の年として導入が着々と進んでいくことを、同社では想定しているそうだ(写真②)。

写真① 指紋認証センサーを券面に搭載した非接触IC決済カード。指紋照合に成功して初めてICカードとして機能する

写真② 2017年→2018年のマーケット変化

■IoT向けではSurface Pro、モバイクなどに実績
モバイルサービス&IoT分野では、モバイルネットワークがLTEから5Gへとシフトしていくことを背景に、「IoTモジュール」を武器として、さまざまなIoT機器やサービスに対し、接続性(コネクト)、安全(セキュア)、収益化(マネタイズ)の3つの価値を提供していくという。
最近の事例では、マイクロソフト社のSurface ProへeSIM搭載によるLTE Advancedによる常時接続環境を提供したり、中国で爆発的人気を誇るシェアリング自転車「モバイク」において、位置データの送信やロックの遠隔操作に利用されている(写真③)。

写真③ IoT関連での導入実績

デモが公開された「バーチャル・カー・キー」も、実際に商用サービスとして提供されているもの。レンタカーの予約から当日自動車に乗り込むまでの管理操作が自身のスマートフォンで行えるようになる。あらかじめオンラインで利用日などの予約情報を入力した後に、運転免許証などのIDカードをスマホカメラでスキャンする。その上で自身のセルフィー(自撮り写真)をその場で撮影してオンライン送信すると、先のIDカード券面の本人画像と、撮影された写真を機械照合し、本人確認を行う。認証がOKになれば、カード決済などで支払いを済ませ、バーチャルキー(電子データ)をスマートフォンにダウンロード。このバーチャルキー情報をBluetoothで専用キーに転送し、自身が手配したレンタカーをアンロックできる仕組みだ(写真④)。

写真④ 「バーチャル・カー・キー」のデモ(下のスマートフォン画面は、カード決済時(左)と、決済完了後にバーチャルキーのダウンロードが承認されたところ(右))

 

■今年7月に日本でも政府向け事業本部が発足
政府、ボーダーコントロール、医療・保険など、公共分野にも強みを持つジェムアルトだが、日本では長らく専門部署は存在しなかった。そこへ、公共事業本部(GBU)が今年の7月に発足した。政府、地方自治体、公共事業体に向けて製品やサービスのプログラムを提供していきたい考えだ(写真⑤)。

写真⑤ 公共分野向けのサービスラインアップ

ジェムアルトでは現在アメリカの4つの州で行われているデジタル運転免許証の実証実験をサポート。物理的な運転免許証カードに付随して、iPhoneに紐付ける子カード方式が採用されているという。

また、米国の3M社、および、その傘下で指紋、掌紋、顔、虹彩などさまざまな生体認証方式に対応可能な技術力を持つCogentを今年5月に買収したことで、生体認証サービスへの対応力が増したことも、公共分野での競争力強化に一役買いそうだ。
非接触ICカード技術が採用されているeパスポートリーダー(読み取り機)は、3Mのブランド名で供給(写真⑥)しており、同社の世界マーケットシェアは50%を超えているという。

写真⑥ ジェムアルトが提供するeパスポートリーダー

 

写真⑦ 企業向けセキュリティ分野では、情報漏洩に関する2017年上半期の実態データ(Breach Level Index)を紹介。漏洩したデータ件数のうち、暗号化により情報が保護されていた侵害件数の割合が4.6%であったことを報告し、これを同社の販売するHSM(ハードウェアセキュリティモジュール)の拡販を通じて、10%台まで向上させていきたいとした

 

About Author

Masakazu Tatara

電子決済マガジン編集長。新しい電子決済サービスが登場すると自分で試してみたくなるタイプ。日々の支払いではできるだけ現金を使わないように心掛けています。

Comments are closed.