事業スキーム(出典:コインチェックならびにイーネットワークシステムズの報道発表資料より)

 

 

●電気代 ビットコイン決済拡大
コインチェックとイーネットワークシステムズは、東京電力・中部電力・関西電力エリアで展開している『Coincheckでんき』を、北海道電力・東北電力・中国電力・九州電力エリアへも対象を広げたことを発表した。 同サービスは2016年11月より開始してから10ヶ月が経過したが、日本初の公共料金ビットコイン支払いを実現したことに加え、毎月の電気代の削減額をビットコインとして貯めることが出来るサービスとして話題となっており、サービス提供エリア外の要望を受け今回のリリースにつながったという。

コインチェックは今回の全国展開により、Coincheckでんきの契約者数として、2017年内に1,500軒の契約獲得、2018年に5,000軒の契約獲得という目標を掲げながら、今後は年内に宅配水に対して、ビットコインが貯まる・使えるプランをリリースすることに加え、ガスやその他生活インフラ商材にも展開していく予定だという。

事業スキーム(出典:コインチェックならびにイーネットワークシステムズの報道発表資料より)

事業スキーム(出典:コインチェックならびにイーネットワークシステムズの報道発表資料より)



<参照URL>
http://corporate.coincheck.com/2017/09/13/19.html

 

●その他の関連ニュース
「dカード GOLD」の会員数が300万を突破 | お知らせ | NTTドコモ

TISと大日本住友製薬が、複合現実の映像を作り出す「ヘッドセット型ウェアラブル端末」活用のための『アイデア スプリント』を開催 | ニュースリリース | 2017年度 | ニュース | TIS株式会社

YES!で『クロネコ代金後払いサービス』がご利用可能となりました

株式会社清水銀行との共同店舗の運営開始のお知らせ(SBI証券)|ニュースリリース|SBIホールディングス

NEC、全国のJAを支えるクラウドとハウジングのシステム基盤を構築 (2017年9月13日): プレスリリース | NEC

「日立OSSサポートサービス for Cloudera Enterprise」を提供開始

欧州における証券現地法人の設立準備について|三菱UFJフィナンシャル・グループ

Apple Watch Series 3は携帯電話通信機能を内蔵し、様々な新機能を搭載 – Apple (日本) -

iPhone 8 と iPhone 8 Plus:新世代のiPhone – Apple (日本) -

未来がここに:iPhone X – Apple (日本) -]

 

[2017-09-13]