アリペイ導入イメージ(出典:ジャックスの報道発表資料より)

 

 

●中国QR決済 信販2社が取次
ジャックスは、中部国際空港(以下「セントレア」)と提携し、7月11日より中国の電子決済サービス大手Alipayが提供する「支付宝(以下「アリペイ」)」決済を導入すると発表した。

日本政府観光局(JNTO)によると2016年の訪日外国人観光客数は、前年比21.8%増え2403万9千人と4年連続で過去最高を更新。また、2016年度セントレアの航空旅客数は、訪日外国人観光客数の増加などが追い風となり、前年度比5.2%増の1096万人と5年連続で前年度を上回り、2年連続で1000万人を超えた。

同社は、セントレアが運営する免税店(酒タバコ店、セントレアプラザ店)などにアリペイ決済を導入し、同サービスの提供を通じて、中国の訪日旅行者を中心に利用客の利便性の向上を図っていく。

また、新生銀行グループのアプラスも、セントレアと、中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」の利用契約を締結し、7月11日よりセントレアが運営する免税店(酒タバコ店、セントレアプラザ店)などでWeChat Payの取り扱いを始めた。セントレアの直営施設を中心としたWeChat Pay取り扱い開始により、訪日中国人に対する決済の利便性を高める構え。

アリペイ導入イメージ(出典:ジャックスの報道発表資料より)

アリペイ導入イメージ(出典:ジャックスの報道発表資料より)

<参照URL>
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material&sid=76748&code=8584

http://news.aplusfinancial.co.jp/news/down2.php?attach_id=727&seq=110006290&category=&page=100&access_id=10006290

 

●その他の関連ニュース
Stripe in Hong Kong + Alipay and WeChat Pay globally

「米国IT企業への出資および業務提携」について| ソニーペイメントサービス

~中国江蘇省全域において、IoTを活用し工場のスマート化を推進~|KDDI株式会社

凸版印刷とデンソーウェーブ、IoTで服薬管理を実証~ICタグ薬包を一括管理できる、iPad連動型の通信薬箱を共同で開発、服薬アラートや第三者見守り、残薬管理など服薬管理面での有効性を実証~

businesses overly confident about keeping hackers at bay, but less so about keeping data safe|Gemalto

NEC、英国サウス・ウェールズ警察に顔認証システムを提供~チャンピオンズリーグ決勝戦の安全な運営に貢献~

中小規模医療機関向け電子カルテ「Open-Karteシリーズ」を強化データ分析機能や介護システムとの連携で医療の質向上と経営効率化に貢献

 

[2017-07-11]