(出典:報道発表資料より)

 

 

●NEC 印の非現金化を後押し
NECは、インドのグジャラート州政府とアーメダバード自治体によって設立されたアーメダバードスマートシティ開発公社から、IoTを活用した安全で正確なバスの運行を実現する「高度交通運用管理システム」を受注した。同社は、上記システムと連携する自動改札機なども提供し、オペレーションセンターにおける運用・保守までトータルな支援を行う。

今回導入するシステムは、1)ICカードやスマートフォンの活用によりキャッシュレスでの運賃収受を実現する「自動料金収受システム」、2)バスに設置したGPSをもとにバスの運行経路、運行状況を常時監視する「バス位置情報管理システム」、3)運行情報を利用客に知らせる「乗客向け情報提供システム」などから構成されている。また併せて、「車両運行計画システム」、「営業所管理システム」、さらに「統合監視システム」といったバス運行に欠かせないシステムもトータルで提供する。

なお、本システムはアーメダバード市におけるバス高速輸送システム(BRT:Bus Rapid Transit)と市バス向けに導入し、2017年度中の稼働を目指す。

 

交通系ICカードシステム全体イメージ(出典:NECの報道発表資料より)

交通系ICカードシステムの全体イメージ(出典:NECのサービス説明資料「NEC自動料金収受システム」より)



<参照URL>
http://jpn.nec.com/press/201707/20170712_02.html

 

●その他の関連ニュース

マネーツリーの金融インフラサービス「MT LINK」が 足利銀行の銀行アプリに導入決定

GMO-PG、横浜銀行、アルメックス、スマホ決済連携及びキャッシュアウトの実現に向けた検討を開始

東京スター銀行と新生銀行グループのアプラス 中国人向け決済サービス「WeChat Pay」に関する業務提携について

Reborn-Art Festivalとコラボレーションした社会貢献型Tカードを発行|CCC カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社

NTTアドバンステクノロジとディアイティ サイバーセキュリティ分野において協業を開始 | NTT-AT

写真や絵に動きを与える光投影技術「変幻灯」を活用した次世代POPが「青森県・函館観光キャンペーン」で採用! | DNP 大日本印刷株式会社

個人型確定拠出年金iDeCoの運営管理機関登録 書類受付業務の受託を開始 - ネット証券最大手・SBI証券さまの業務受託を開始 -トッパン・フォームズ株式会社

異業種連携によるクロスインダストリービジネスを生み出す新たな取り組みを開始 : 富士通

 

 

[2017-07-12]