「クレジットカードデータ利用に係るAPI連携に関する検討会」中間取りまとめ

 

 

●決済API連携ガイドライン
経済産業省は、クレジットカード会社のAPI連携によるサービス創出やビジネス展開の可能性を踏まえ、API連携の促進に向けた具体策等を検討する「クレジットカードデータ利用に係るAPI連携に関する検討会」を本年3月から計4回開催し、今般、中間取りまとめを行った。API連携による効果と課題についての報告に加え、カード会社とFinTech企業がAPI連携をする際のガイドラインを策定した。詳細な検討内容については今年度内にまとめる方針。次年度以降は、技術の動向や新サービス創出の動きに迅速かつ柔軟に対応し、ガイドラインを適宜適切に見直していく見込み。

「クレジットカードデータ利用に係るAPI連携に関する検討会」中間取りまとめ

(出典:経済産業省「クレジットカードデータ利用に係るAPI連携に関する検討会」中間取りまとめ より)



<参照URL>
http://www.meti.go.jp/press/2017/06/20170628002/20170628002-1.pdf

 

●その他の関連ニュース
「PCI DSS準拠にかかる基準及び検証方法等に関する実施要領」の公表のご案内|日本クレジット協会

TISのリテール決済ソリューション「PAYCIERGE」でIBM API製品群を採用

Square|JCB、 Diners Club、Discoverの取り扱いを開始

NIPPON PAYとリミックスポイントを親会社に持つビットポイントジャパンが業務提携

IBM |「FinTech証券共通API」、証券業界のフィンテックを支援 – Japan

「Biz∫®会計」向け「グローバル会計ソリューション」提供開始 | NTTデータ

第四次産業革命に向けた競争政策の在り方に関する研究会報告書を取りまとめました(METI/経済産業省)

KDDI、スマホアプリとクルマをつなげるSDL業界化団体「スマートデバイス リンク コンソーシアム」に加盟

「マイナンバー制度対応オンライン本人確認サービス」 システムインテグレーターが展開するBPOサービスに採用 – GMOインターネット株式会社

シェアリングサービスの市場規模は年間1兆1,800億円!将来的には2兆6,300億円まで拡大の可能性|報道発表(2017年)|情報通信総合研究所:ICR

Visa Commits to Strategic Investment in Klarna

Mobike and Gemalto collaborate to bring IoT connectivity to bike-sharing services beyond China

 

[2017-06-28]