ep_mark

 

 

●家賃カード払い 保証人不要に
クレディセゾンは7月1日より、新たに家賃保証事業に参入し「セゾンの家賃保証RentQuick」の取り扱いを開始する。「セゾンの家賃保証Rent Quick」は、同社が入居者に代わって、賃貸借契約にかかる賃料等を賃貸人に立替払いを行う家賃保証サービス。

入居者は同サービスを利用することで、連帯保証人を立てる必要がなく、賃貸借契約をスムーズに進められる。保証料・月々の家賃の支払いには、口座振替およびセゾンカードでの決済が可能。なお、カード決済の場合は1,000円につき1ポイントが貯められる。不動産事業者においては、着金確認や未入金案内等の業務軽減が図れる。

「セゾンの家賃保証 Rent Quick」ご利用 メリット(出典:クレディセゾンの報道発表資料より)

「セゾンの家賃保証Rent Quick」ご利用メリット
(出典:クレディセゾンの報道発表資料より)



<参照URL>
http://corporate.saisoncard.co.jp/wr_html/news_data/avmqks0000009enu-att/20170623_ReleaseC.pdf

 

●ビザデビット コンビニ好相性
ビザ・ワールドワイドは6月26日より、全国約5万1,000店舗の対象コンビニエンスストアでVisaデビットを利用すると豪華賞品があたる「見えるが当たる!」 キャンペーン第2弾を実施すると発表した。対象となるコンビニエンスストアは、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、サークルK、サンクス、ミニストップ。

昨月公表された日本銀行のレポートで、ブランドデビットカードは決済件数も決済金額も6年連続で伸びているとの報告があった。同社はこれを受け、キャンペーン対象のコンビニエンスストアでのVisaデビット利用データを分析。その結果、2016年1月~12月の1年間では前年同期比、決済金額ベースで64%、決済件数ベースで69%の伸び率であることが確認された。さらに、この高い伸び率のトレンドは2017年に入ってからも続いており、身近なコンビニエンスストアでVisaデビットが利用されている実態が浮き彫りになっているという。

(出典:ビザ・ワールドワイドの報道発表資料より)

(出典:ビザ・ワールドワイドの報道発表資料より)



<参照URL>
http://www.visa.co.jp/aboutvisa/mediacenter/NR_JP_230617.html

 

 

●その他の関連ニュース
Web版のメルカリにおける個人情報流出に関するお詫びとご報告 ※6/23追記あり

住宅ローンの電子申し込みサービスを大光銀行さまが採用 紙の申し込み業務フローを変更せずに導入できるFastEntry|トッパン・フォームズ

NEC、マイナンバーカードを自社業務で利用可能とする総務大臣の認定を取得

「顧客本位の業務運営に関する取組方針」と「アクションプラン」の策定について |新生銀行

口座数20万口座突破のお知らせ(SBI FXトレード)|ニュースリリース|SBIホールディングス

ジャックス版プレミアムフライデー、4月度の取得率99.8%~ ジャックス社員PWの過ごし方に関するアンケートを初実施 ~

「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ」を推進 | NTTドコモ

スーパーコンピュータ「京」がGraph500において5期連続で世界1位を獲得 : 富士通

 

[2017-06-23]